トップ / ケミカルピーリングは即効性あり

炎症性色素沈着は治りやすい

炎症性色素沈着は炎症が起きて治ってゆくプロセスそのものなので、シミの中では比較的治りやすいタイプのものです。しかし皮膚のターンオーバーに従って治ってゆくので、美白化粧品でのケアのみだと場合によってかなり長期間の時間がかかることもあります。

炎症性色素沈着を改善するのに即効性を求める場合はケミカルピーリングがおすすめです。ケミカルピーリングとは、フルーツ酸(AHA)などの酸を目元や口の周りなどを避けて塗り、所定の時間が経ったら拭き取るというものです。

色素沈着した皮膚は古い角質です。この角質を酸を使って溶かして取り去るので、即効的に色素沈着が改善されます。また、皮膚のターンオーバーが促進されて皮膚の中にあるメラニン色素を排出するスピードも上がり、更に新しい皮膚が生まれやすくなり、コラーゲンの生成をも促す効果があります。

このようにケミカルピーリングは即効的に炎症性色素沈着を改善してくれますが、積極的な治療なので刺激も強いですからその後のケアが大切になります。強制的に角質をはがすので皮膚は無防備な状態になり乾燥しやすくなりますので、十分な保湿ケアが必要です。同時に成分が浸透しやすい状態でもあるので、通常美白成分が配合されたアイテムを使います。

さらにイオン導入器などで有効成分がより浸透しやすいようにフォローすることもあります。ケミカルピーリングのケアは美容皮膚科で受けることができます。事前にしっかりとカウンセリングを受けて日常的なケアなども教わるとよいでしょう。

ちなみに、シミのケアにはレーザー治療が一般的ですが炎症性色素沈着の場合は、傷などによる炎症に由来する色素沈着なので、レーザーの刺激によって炎症が悪化して回復を遅らせることもあるのであまりおすすめできません。

また、角質が薄くなることで一時的にお肌が無防備な状態になりますから、施術を受けるのは秋から春にかけての比較的紫外線が弱い季節を選ぶことをお勧めします。