トップ

一時性と慢性にわかれる炎症

シミというと一般的に紫外線の浴びすぎが原因である場合が多いですね。しかしその他にもシミができる原因があります。例えば肌トラブルが原因でシミができることがあるのです。こういったタイプのシミを炎症性色素沈着といいます。

子供の頃から慢性的に湿疹ができていたり、若い頃からニキビなどの肌トラブルが多い方で、最近はシミも気になる。という場合は炎症性色素沈着を起こしている可能性があります。もし、なかなかシミが消えなくて、シミの治療がしたいと思っているならどうぞこちらを読んでみてくださいね。

炎症性色素沈着とは何らかの原因でお肌に炎症が起きて、その炎症が治まったあとに残るシミのことです。別名、炎症後色素沈着ともいいます。日本人はモンゴロイドといって、黄色人種に属しますがその肌色の特徴としてメラニンが多いことがあげられます。メラニンの多いお肌は炎症を起こすと、そのあとに色素沈着を起こしやすいのです。

まずシミのできるメカニズムを確認しておきましょう。皮膚が炎症を起こすと活性酸素が発生します。するとメラノサイトが刺激されてチロシナーゼという酸化酵素を活性化させます。チロシナーゼは体内にあるアミノ酸、チロシンをメラニン色素に作り変えます。これがしみの茶色い色素なのです。炎症が起きていて皮膚に赤みがあるうちは見えませんが、炎症が治まってもメラニン色素が残っているとシミとなるのです。

さて、炎症性色素沈着には「一時性」のものと「慢性」のものがあります。一時性のものは放っておいても、お肌がターンオーバーしてゆくにつれて自然に消えてゆきます。虫さされ、日焼け、やけどなど一時的にお肌に傷ができたり、ダメージを受けたことが原因で炎症が起きた場合のシミは一時的なもので自然に治ってゆきます。

これに対して慢性の炎症性色素沈着を起こすのはアトピー性皮膚炎やニキビ、かぶれなどのお肌の炎症が慢性的に続いて現れている場合です。炎症のある場所は通常炎症が治まるとターンオーバーして、メラニン色素が剥がれ落ちて行きますが、炎症が繰り返し同じ場所で起こると、そこに徐々に色素沈着が進んでゆき、取れにくいシミができてしまいます。